紛争解決、それは新しい解決のあり方・・・方法は対話、結果は納得

廣田尚久 紛争解決センター

廣田尚久 紛争解決センターについて紛争解決の方法ADR(裁判外紛争解決)の特徴調停人・仲裁人の紹介手続きについて料金について

裁判をせずに、迅速、的確に紛争を解決したいと思いませんか?

誰でも紛争は好まないものですが、否応なしに紛争の当事者になってしまうことがあります。そのようなとき、いったいどうしたらよいのでしょうか。

これまでは、裁判所で解決すればよいと考えられていました。
しかし、裁判では痒い所に手が届くような解決ができないことが起こります。
なぜかというと、裁判所は原則として勝ち負けを決めるところだからです。
しかし、多くの紛争は、100対ゼロの勝ち負けを決めなくても、今さかんに燃えている紛争を解決すればよいというものがたくさんあります。
むしろ複雑な利害や権利関係をうまく調整して、ゆき届いた、納得のゆく解決をした方がよいと多くの人々は考えるようになってきました。

廣田尚久 紛争解決センターは、そのようなニーズにこたえるために、わが国で初めて弁護士事務所に設置するADR機関(裁判外紛争解決機関)です。
「紛争解決学」を創始した廣田尚久とその仲間たちが、これまでの研究と経験を生かし、納得のゆく、質の高い紛争解決をめざして、調停や仲裁などを行います。

調停人が紛争当事者の間に入り、話し合いを促進しつつ解決に向け取りまとめます。
両紛争当事者が仲裁人の判断に従うという合意したうえで解決策をはかります。
調停と仲裁とを組合わせる手続によって、適切で妥当な解決をはかります。
ADRの専門セミナー「紛争解決学」講義
紛争解決学の著者 廣田尚久のご紹介
和解という知恵
先取り経済の総決算 1000兆円の国家債務をどうするのか
紛争解決の研究書「紛争解決学」のご紹介