紛争解決、それは新しい解決のあり方・・・方法は対話、結果は納得

廣田尚久 紛争解決センター

廣田尚久 紛争解決センターについて紛争解決の方法ADR(裁判外紛争解決)の特徴調停人・仲裁人の紹介手続きについて料金について

センターについて

規則

廣田尚久紛争解決センター設置、運営規則

(目 的)
第1条
廣田尚久紛争解決センター(以下「本センター」という)の設置、運営の目的は、次の通りとする。

一 民事紛争を調停、仲裁によって解決すること
二 紛争解決の方法と技術の開発
三 紛争解決学の普及

(事 業)
第2条
本センターは、次の事業を行う。

一 調停及び仲裁の実施
二 調停、仲裁に関する研修
三 紛争解決学に関する講義、講演
四 本センターの行う事業の広報
五 本センターの目的を実現するために必要な事業

(運 営)
第3条
1.本センターは、廣田尚久法律事務所内に置く。
2.廣田尚久は、本センターの長として、本センターを代表する(以下、廣田尚久を「センター長」という)。

(調停人、仲裁人)
第4条
本センターにおける個別事件の調停人、仲裁人は次の通りとする。

一 センター長
二 センター長が特に指名する者
三 当事者が指名し、センター長が選任する者

(実 施)
第5条
調停人、仲裁人は、廣田尚久紛争解決センター調停・仲裁手続規則に従い、独立して調停、仲裁を行う。

(事務局)
第6条
1.本センターには、事務局を置く。
2.センター長は、事務局員を兼ねることができる。
3.事務局員は、本センターの受付事務、呼出事務、事件記録の整理と保管、送達事務、会計その他必要な事務を行う。

(備え付け書類)
第7条
本センターには、次の書類を備え付ける。

一 第4条第3号の定めによる指名の可能性のある者の名簿(これを「調停人・仲裁人候補者名簿」とする)
二 事件受理簿
三 調停申立書、仲裁申立書等の各種書式
四 期日調書
五 送達報告書、和解契約書原本、仲裁判断書原本、決定書原本
六 会計帳簿
七 その他事件の処理に必要な書類

(事件の受付)
第8条
事件の申立の受付時間は、休日、祝祭日及び土曜日を除き、毎日午前10時から午後5時までとする。ただし、この受付時間は、センター長の指示により、適宜変更することができる。

(期日等の時間、場所)
第9条
調停期日、仲裁期日及び準備期日は、事件担当調停人、仲裁人の指定する時間に、その指定する場所において開催する。

(手数料)
第10条
当事者は、別に定める廣田尚久紛争解決センター手数料規則による調停・仲裁手数料その他の 費用を、本センターに支払う。

(報 酬)
第11条
本センターは、別に定める廣田尚久紛争解決センター報酬規則による報酬、実費等を、調停人、仲裁人、調停人補助者、仲裁人補助者に支払う。

附  則
この規則は、2006年2月20日から施行する。

改  正
2008年5月12日・同日施行

ADRの専門セミナー「紛争解決学」講義
紛争解決学の著者 廣田尚久のご紹介
和解という知恵
先取り経済の総決算 1000兆円の国家債務をどうするのか
紛争解決の研究書「紛争解決学」のご紹介